新潟で家具の補修・修理・塗り直し・再生などを手掛ける「愛着工房いしかわ」の孤軍奮闘ブログ

新潟県阿賀野市にて、ひとりで家具や住宅内部木部の補修などをやってます。オリジナルダイニングテーブルなど家具も製作してます。

他人から見た「愛着工房いしかわ」という仕事。

またまた超久しぶりの更新になってしまいました。

なかなか自分で記事を書くことができませんが、

やっていることは、ほぼずっと変わりません。

自分で書くより、他人が書いた僕のことの方が、

自分を客観的に見れて、

また、これを読んでくださっている方々にとっても、

参考になるかと思いまして、

人様のブログで紹介された記事を掲載します。

僕へのお問い合わせは

nenrinsha@gmail.com

まで。

よろしくお願いします。

【古い家具に新たな命を】愛着工房いしかわさんのお仕事|オーガニックスタジオ新潟社長の奮闘記 │ おーがにっくな家ブログ

素晴らしい記事にしていただきました

なかなかブログが更新できなくてすみません。

このたび「新潟モノ物語」さんから取材を受け、素敵な記事にまとめていただきました。

よろしければ、お読みください。

 

niigata-mono-monogatari.com

ちゃぶ台 補修 化粧直し

お久しぶりです。

もうなんだか、ものすごくバタバタしておりまして、

人生初の胃が痛くなるのを経験しました。

お腹がすくと、胃が痛くなる。それは胃潰瘍だと知人から言われましたが、

まだ、我慢できる痛さだったので、ヨーグルトなどでごまかしていましたら、

今は、ほとんどよくなったようです。

 

さて、今回ご紹介の補修物件は正統派ちゃぶ台です。

星一徹がひっくり返すような丸いちゃぶ台(笑)

f:id:nenrin:20140926225710j:plain

元の姿。おそらく柿渋の上に薄く漆で仕上げたのでしょうが、

完全に保護性能はなくなってます。染みや汚れも多数。

 

f:id:nenrin:20140926225719j:plain

割れもありました。「別にそのままでもいい」と言われたのですが、

僕的には許せませんので、木を埋めて補修。

 

f:id:nenrin:20140926231519j:plain

表面を削ります。古さを残しつつ綺麗に、ということなので、感覚勝負で。

 

f:id:nenrin:20140926231454j:plain

脚部と裏も抜かりなく。

 

f:id:nenrin:20140926233022j:plain

補修前はかなり赤っぽい色でしたが、やっぱりケヤキちゃぶ台はこの色ですよね。

色を調合して木地に染色します。

 

f:id:nenrin:20140926233645j:plain

下塗り。

 

f:id:nenrin:20140929223136j:plain

もう一度、表面を研ぎます。

 

f:id:nenrin:20140929224552j:plain

ごくごく薄くカラーリングしてから、仕上げ。塗った直後はこんなですが。。

 

f:id:nenrin:20140929233054j:plain

乾けば、こうなります。艶消してます。

 

f:id:nenrin:20140930231408j:plain

設置。

ご依頼主は、新潟市沼垂にあるニカイGalleryのオーナーでもあり、ジュエリー工芸作家さん。実は、僕は以前、指輪をこの方から作っていただきました。

このちゃぶ台には、作品が置かれたり、たまにお茶でも飲んだりされるのでしょう。

素材がよく、まさに、化粧直しで蘇った好例のちゃぶ台です。

ありがとうございました。

 

角ちゃぶ台補修

そして一日に二度の更新。

 

こちらは千葉県よりのご依頼です。

こちらも電話でお話を伺ったのち、品物をお送りいただきました。

 

信用されていると実感できるのは、うれしいです。

 

長年お使いのちゃぶ台の表面がどんどん色褪せてきているということでした。

色褪せは表面の劣化ですので、早く手を打った方がいいです。

 

確かに色褪せしてますね。ほうっておくと、木地も傷みます。

f:id:nenrin:20140724223001j:plain

 

まずは、様子を見ながら研磨。

f:id:nenrin:20140724225813j:plain

 

元の色と同じようになるように、着色。色は、いつも自分で調合します。経験と勘が頼り。

f:id:nenrin:20140724231713j:plain

 

下塗り。

f:id:nenrin:20140724233826j:plain

 

また研磨。

f:id:nenrin:20140725032924j:plain

 

カラーリングの後、仕上げ。

f:id:nenrin:20140728031859j:plain

 

この度のちゃぶ台は、送られてきた梱包を解いて、品物を見た瞬間に

「あ、これはすごくよくなる」とわかりました。

素材と痛み具合を見ると、だいたいわかります。

ご依頼は天板表面だけでしたが、裏側と、脚部分も同じように補修しました。

もちろん、見積もり以上の金額はいただきません。

 

お会いしてないのに、信用して仕事をおまかせいただき、ありがとございました。

 

鎌倉彫(?)の座卓補修

ご無沙汰してました。

ちょっとブログ更新さぼってました。

なんだかんだと忙しいのと、エアコンのない暑さ地獄でまいってました。

 

このたびご紹介するのは、なんと、北海道からご依頼の座卓です。

お電話でだいたいの様子をお伺いして、

たぶん、できるでしょうということで、品物をお送りいただきました。

大切な愛着のある家具を、信用しておまかせいただくという気持ちにお応えして、

僕も気合が入ります。

 

補修前。

f:id:nenrin:20140716022239j:plain

 

よく見るとけっこう痛んでます。

特にサイド部分、各所に割れが入ってます。

f:id:nenrin:20140716022245j:plain

 

表面はすこし削っただけで、赤い塗料で手が真っ赤になります。

布巾で拭く度に赤いものがつくというお話の通りです。

これは、塗料が劣化していることが原因で、いい時期に補修を決断されました。

f:id:nenrin:20140716023622j:plain

 

サイド部分の割れを補修した後、顔料で色を載せていきます。

表面につかないようにマスキング。

f:id:nenrin:20140716030638j:plain

 

写真ではよくわからないですが、表面の赤部分、極端に色が薄い所は、あらかじめ筆で補色。

f:id:nenrin:20140716033017j:plain

 

全体的にカラーリングした後、何度かにわけて中塗りと仕上げ塗り。

当工房では、あまり艶はあげませんが、今回はちょっと艶あげた方が似合うと思って、そうしました。

f:id:nenrin:20140718232257j:plain

 

脚部分欠けや色剥げがありました。

f:id:nenrin:20140716025316j:plain

 

補修、補色して

f:id:nenrin:20140716030251j:plain

 

仕上げ。

f:id:nenrin:20140718232306j:plain

 

お願いして、設置後の写真もお送りいただきました。

工房で見るより、こうして使われるお宅に置いた方がよく見えるんですよね。

これは、他の家具も一緒です。

f:id:nenrin:20140729205339j:plain

 

この度は北海道からのご依頼でしたが、

当工房では、以前、福岡と横浜からも問い合わせの後、

補修品が送られてきて、直しました。

お近くに直してくれるところがない。

あっても、異常に料金が高すぎるなど、お困りのお方は、

とりあえずはご相談してみてください。

 

このたびは、ありがとうございました。

ダイニングテーブルセット 補修 塗り直し

家族団らんの中心、ダイニングテーブルセット。

やはり、これを直したいというお客様は多いです。

現在、安価なダイニングテーブルセットはたいへん多いです。

買うか、直すか?

僕はあえてコメントは避けます。

今回のケースをご参考にしていただき、

直すという方法もあるということを頭の片隅にでも置いておいてもらえれば幸いです。

 

今回は椅子の座面張替えも受けました。

張替えは協力業者さんにお願いしております。

もちろん、お客様にも了解済みです。

木部はサービスでタッチアップ程度の補修をします。

f:id:nenrin:20140420211300j:plain

 

テーブル天板現状。かなり痛んでいます。しかし素材はナラ無垢の集成材。

僕の脳内イメージもこの時点でかなり出来上がってるので、うまくいくはずです。

f:id:nenrin:20140422032033j:plain

 

木地が出るまで削り、染色。色は自分で調合します。

f:id:nenrin:20140422035045j:plain

 

下塗り一発目

f:id:nenrin:20140422040346j:plain

 

研磨一発目。これを繰り返します。

f:id:nenrin:20140422054515j:plain

 

下地が仕上がったところで、仕上げ直前にカラーリング。

f:id:nenrin:20140423060729j:plain

 

仕上げ塗り2回

 

f:id:nenrin:20140423060729j:plain

 

納品設置完了。テーブルも椅子もいい感じです。20年以上酷使された家具が蘇りました。

f:id:nenrin:20140426211357j:plain

 

さあ、安い家具を買うか、愛着のある家族とともに歴史を刻んできた家具を直すか?あなたならどうする?

 

カフェテーブル 補修 塗り直し

今回は某喫茶店からの依頼です。

 

テーブルに輪染みや傷などがついて、気になる。

ということで、下見、見積もりの後、引き取り補修いたしました。

喫茶店などのお店の場合、

店にテーブルがない状態をなるべく避けたいので、

こちらの仕事の混み具合、先方の都合など、

作業以外の打ち合わせも欠かせませんね。

 

さて、現状です。

これは開業当時、オーダーで作ってもらったらしいです。

(製作後の補修はしないのでしょうか?それとも補修も高額なのか?)

 

電話でお聞きしていた通り、輪染みが目立ちますね。

f:id:nenrin:20140416215149j:plain

 

染みのアップです

f:id:nenrin:20140416215135j:plain

 

染みを落とすのと細かい傷を消すために、様子を見ながら削っていきます。

f:id:nenrin:20140417050425j:plain

 

この後、補色、下塗り、カラーリング、仕上げなのですが、作業に集中しすぎて写真撮り忘れました(笑)

f:id:nenrin:20140417053729j:plain

 

完成、納品、設置。汚れや傷も綺麗になり、艶も落ち着いていい感じ♪

f:id:nenrin:20140417214338j:plain

 

プチ気分一新ですね。

これからもおいしい珈琲をこのテーブルでどうぞ。